FC2ブログ
盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。
ほんとうは、小さめポシェット(サコッシュとも言う?)を
ちゃちゃっと作りたかったのだが、
ちょうどよい長さのファスナーがなかった。

ので、今日は、着るもの。
以前にも作ったことのある、
(ハラ周りを隠すために)さっと羽織れるベストである。
20190721213656ec4.jpg

印をつけないのはいつものことながら、
今回は、バイヤステープすら使わない。
袖ぐり、前立てから衿ぐり、ぜーんぶ三つ折。

出来上がりの写真を撮らなかったなあ。
今、着ているし。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

豊後梅がほどよく漬かったので、
赤紫蘇の容器に合流させた。
20190721213730147.jpg

豊後梅の宿命と言いましょうか、
過熟の梅は、この時点ですでに割れてしまう。
今以上につぶしてしまわないよう、
赤紫蘇をちょっと追加するだけにし、
重石はもう乗っけないことにした。

夏土用に入り、7月中に梅を干せるかなと思っていたのに、
週間天気予報が修正され、しばらくパッとしないお天気らしい。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

除夜の「鐘」も、いよいよ難関コーナー目前。
これ、めんどくさいかなあと思ったら、そうでもなかった。
20190721213748abd.jpg

続くこちらも、チェルニーの練習曲を思えば、
たぶん、どってことない(言うのは簡単さー)
20190721213817443.jpg

この後だよね、最終コーナー、鬼畜の跳躍。
まあ、半年かけるつもりで弾いているので、
そのうちなんとかなるかもしれないし、
なんともならないなら、撤退すればよいだけだ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/21 22:10】 | ピアノ
トラックバック(0) |
音の数、少なそう~~
そう思って譜読みを試みた曲である。
2019071621301780f.jpg

ここらへんは確かに少ない。
ベース音の低さがハンパないし、
なぜこれをオッターヴァで表記してくれないのか。
作曲家の心の闇とさえ感じてしまうじゃないの。
(ドビュッシー=さもありなん)

さらに、この先32分音符の大波小波が待っていた。
途中まではコードネームを書き込んだりもしたが、
うーむ、手を出したら大やけど、の類かもしれない。

練習中のラヴェルはどうかというと、これがまた・・・

ここからの4小節に、2週間かけているんだが、
一度としてミスなく弾けたことがない。
ゆーっくりでも、どんなに慎重にしたつもりでも。
20190716213044241.jpg

練習方法にこれまでと違う斬新さが必要かもね。
ほとんど無限っていうほどある練習法の中に、
ひとつぐらいフィットする方法があるに違いない。

順調なのは平均律ぐらいかなー
1巻3番の回復プログラム。
とりあえずプレリュードは暗譜もテンポも戻った。
4ページあるフーガは、部分的な弾きにくさを克服中。
前に弾いたときは春秋社版だったが、
今はヘンレ原典版を調べながら弾いていることもあり、
改めて指づかいのカスタマイズをしているし。

除夜の「鐘」は4ページ目に入り、
同音連打をいかになめらかに弾くか、で足踏み中である。

ショパンエチュードが練習プログラムから消えて10日、
もう弾けなくなっているだろうな~~~

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/16 22:26】 | ピアノ
トラックバック(0) |
お財布っぽいショルダーポーチを作ってみて、
ファスナーのつけ方がどうも気になった。
やはり、ポイントになるのはファスナーである。

もうちょっと、お財布っぽい感じにしたくなった。
コインの入れ口をファスナー開きにして。

紙を切っては折り、組み立てては測り、
昨夜は、たぶんこれで行けるかも、と、
布や裏地を裁つところまでできた。

今日はミシン糸を選んで、縫い始めた。
失敗するかもしれないことは、想定内。
20190713224448fa2.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

平均律は、今弾いている1巻3番が「回復」したら、
(回復とは、暗譜が戻るってことで)
次はこれ、と考えている。
2019071322500122e.jpg

1巻14番、プレリュードは初見でもそこそこ。

フーガは4声なので、覚悟が要るかと思いきや、
初見でえっちらおっちら、ながらも通せた。
201907132248590e2.jpg

譜読みって、楽しい~~

こちらも、ちょっと前進。
同音連打、嫌いだけど・・・
20190713224942ee9.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/13 23:58】 | ピアノ
トラックバック(0) |
今日のリーグ戦、楽々クリアできるはずのスペアを3つ外した。
噂の迷惑高齢女性と同じボックスじゃなかったのに、だ。
でっかいスプリットは仕方がなかったとして、
どうも、ふと集中が切れちゃうんだなあ。

来週こそ、集中を切らさないよーにがんばる!
今のところ、アヴェレージ170以上をキープできているし!

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

候補曲選定作業、続行。
これは以前に譜読みしてあった曲で、
コードネームはひと通り記入してある。
20190710212140e2b.jpg

弾いて弾けないこともないが、
いかんせん、テンポの問題は常に立ちはだかる。
20190710212209079.jpg

やっぱ、バッハもなーと思って、
これまた以前に弾いた平均律から、おひとつ。
20190710212106243.jpg

この曲を弾いたのがきっかけだったかもしれない、
♯が6つだろうと7つだろうと、平気になったのは。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/10 22:19】 | ピアノ
トラックバック(0) |
楽譜の印刷中にこうなった。
20190702221913fa0.jpg

パソコンも青くなり、私も青くなった(-_-;)
黒くなるよりは、救いがあるけど。

その少し前、インクがなくなってしまい、
こればかりは「あとで」というわけにもゆかず、
最も近い家電量販店へと走る。

その、同じフロアにある手芸店で、
ついについに、「テフロン押さえ」を購入。
201907022219297f3.jpg

本当は、日暮里で買う予定だった。
ミシンのメーカーや機種を指定してさ、
純正の、間違いないやつを買おうと思っていたのだが、
思えばあそこは「繊維」街なのだ。
ま、要するに、探せなかったってこと。

もしや合わなかったら、と今まで買わずにいたのだったが、
「合わなくたって700円ほどの授業料」
と、今日は思いなおすことができたのだ。

結果。
とっとと買っときゃよかったよ、まったく。
ストレスゼロである。
合皮がするすると送られ、流れてゆく。
普通地でも、そのまま、だいじょうぶっぽい。

あー、でも、合皮はほとんど使ってしまったなあ。
ビニコがちょっぴりあるから、何か作ってみるか。
試運転、てことで。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

絶賛カスタマイズ中。
201907022219572a4.jpg

右手は、手のひらにキズがあるのと、
第1指の腱鞘炎の後遺症とで、十分に開かない。
中を埋める音によっては、オクターブでもキツい。
ので、いっそ左で取っちゃえ、という作戦である。

左は10度、開くんだよね~
20190702221944c77.jpg

この曲、極限までコントロールされた音色と、
よく響くピアニシモがポイントになると思う(ですよね?)。
今まであまり弾いてこなかったタイプの曲である。
ちゃらっと弾くだけなら2週間ほどでカタチになりそうだが、
美しさを求めるとなると、やはり相応の時間をかけないとなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/02 23:04】 | ピアノ
トラックバック(0) |
なんじゃこりゃ~な楽譜、こちらも。
20190701224022e05.jpg

実際に弾くかどうかは、またわからない。

さしあたり、候補だったラヴェルの譜読みを始めた。
有名すぎて、イメージが先行してしまっているが、
聴くと弾くとじゃ、大違い~~とはこのことだ。
楽譜には、耳では聞こえない音がいくつも記されている。
倍音を鳴らす、みたいなことなんだろうか。
かなり高度なコントロールが要求されそうだ。
まずは、音の重なり具合を把握すところから。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

懸案だった、「はずる」の収納。
20190701215351a43.jpg

なんてことはない、100均のプラケースである。
1か所に2個入っているスペースもあるので、
そのうち買い足すことにしよう。
入れ物が決まっただけではダメで、
どこにどのように置いておくかが問題だ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/07/01 23:31】 | ピアノ
トラックバック(0) |
今日はこれまでと違うタイプのオシゴトをしてきた。
初めてってことで、まあ、お試し的な。
今後も続けるかどうかは、ちょっと考えよう。
続けるとしても、1~2か月に1回程度かなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

半年間に弾いた曲を書き並べようと、
手帳をめくって、くじけた。
平均律とエチュードで8割だった。

それ以外でも、バッハとショパンがほとんどで、
ドビュッシー、ベートーヴェンが各1曲。

特にこの6月は、エチュードに集中し、
質より量に走ってしまったのは猛反省である。
今までに弾いたことがあるけれども、
放置する間に劣化してしまった曲。
思い出しさえすれば、なんとかなるかと
次々に弾いたのが大間違いだった。
そんな甘いもんじゃないのである。
イチからやり直す気持ちで弾かないと、
指がもつれるばかりで、弾いた気にさえならない。
やるなら精選して、細かいところを詰めないとな。

そして7月からの半年をどうするか。
今、候補になっているのが、ラヴェルとリスト。
どちらも一筋縄ではいかない手ごわさである。
けど、テンポ緩めとはいえ木枯らしモンさんを弾いたからね、
ある程度なんとかなるかもしれないじゃん。
そのうち、って待ってたら、弾く機会を逸するかもしれないし。

ラヴェルの有名な曲。
楽譜で見ると、わけわかんね。
2019062921323887d.jpg

リストの有名な曲。
やけに濃い。
20190629213259db2.jpg

明日はゆっくり、他に何かないかなーって探してみよう。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

梅雨どきとはいえ、湿度70パーだと、
鍵盤までしっとりして弾きにくい。
2019062921321899c.jpg

除湿で寒くなるのも嫌なので、
えいやっとばかりにFFファンヒーターを稼働。
小一時間で、50%台にまで下がった。
冬場、乾燥するのも無理ないよなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/06/29 22:55】 | ピアノ
トラックバック(0) |
朝、ずっと使いあぐねていたパネル柄のこの生地を
いよいよ「何か」にしようとあれこれ考え、
柄の周囲を測って裁ち落としたところで、力尽きた。
20190615221504da2.jpg

今日、予定していたオシゴト関連の会合もパスし、
あとはただただ、ゴーロゴロ・・・
午後になっても体調は上向かないので、
頭痛薬を2錠、口ん中に放り込み、
ようやく夕食の支度ができるほどになった。
というか、ピアノの練習をするためには、
ぐだぐだと寝込んでなどいられないのである。

実は昨夜も、練習を10分ほど早く切り上げた。
昨日からなんとなく始まっていたのね(気圧低下が)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

テーマは、形を変えながら現れる。
詰まったり、伸びたり。
20190615212203449.jpg

ショパンのエチュードをゆっくり弾くことが、
バッハを弾くためのよいウォームアップになる。
(贅沢だー)
しかし、どうも使う筋肉が違うとみえて、
バッハの弾き始めは、手が突っ張る感じがある。
片方の手で2声を弾き分けるとか、音をキープするとか、
バッハだからこそ必要なテクニックによるものか。

今はまだ、ちょっとずつ譜読みしている段階なので、
力の抜き加減を見つけられていないのだと思う。
慣れれば、たぶん、なんとか。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/06/15 23:02】 | ピアノ
トラックバック(0) |
文章教室では、作品集19号のゲラを受け取ってきた。
校正作業は各自、ということになったため、
これからしばらく「1日1回、読む」ことを
自分に課すことにした。
音読が望ましいけれども、無理すると続かないので、
黙読する日があっても可、ってことで。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

平均律のフーガ攻略は、カタツムリほどの歩みである。

テーマのモチーフが、折り重なるようにスタートする。
201906142225284b1.jpg

「かえるのうた」の輪唱(カノン)がわかりやすいかも。

「かえるのうたが きこえてくるよ」まで聞いて
「かえるのうたが・・・」と追いかけるパターン。
間違いにくい、初心者向け。

「かえるのうたが」まで聞いたら
「かえるのうたが」とかぶせるパターン。
これも、あるある。

「かえるの」ときたら、「うたが」にかぶせて、
Bグループが「かえるの」と入り、
さらにCグループがBの「うたが」にかぶせて「かえるの」と続ける。
これは上級編だろう。

さらに難しくなるのが、
「かえ」ですかさず「かえ」と追いかけ、
歌いだしの「かえ」「かえ」「かえ」「かえ」
ばかりが聞こえてきちゃうタイプ。
釣られずにいることは至難の業で、
なんなら、耳をふさいで他パートを聴かないようにしないと、
最後まで歌いきることすら難しいかもしれない。

バッハに話を戻すと、このフーガがまさにそれ。
3声なので、3人の人が「ラーレーぇミレド」と歌い出す。
そのタイミングが、「ラー」「ラー」「ラー」となり、
同じ「ラ」で始まる、完全なカノンになっている。

こうして、「ひとふし」を歌いきらないうちに
それそれそれっと畳みかけ、緊張感を醸し出す、
これがストレット(ストレッタ)というわけで、
とーっても難しくて、私が3人いないと弾けないっぽい。

とりあえず、キース・ジャレットを聴きまくって、
作戦を練ることにする(しかない)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/06/14 23:12】 | ピアノ
トラックバック(0) |
わずか2小節の攻略に窮すること3日。
右手で弾く2本の横ラインが交錯し、
それぞれ分けて弾くのにも苦労する。
20190613221308ed3.jpg

やっと今日、そうだったのか! と
わけがわかって音にしている気がしてきた。
あくまでも「気がしてきた」という、個人の感想。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

グールド、リヒテルに続いて、
今日はキース・ジャレットの平均律を聴いている。
言わずと知れたジャズピアニストだが、
クラッシックの録音もかなりある。
(フリードリヒ・グルダもそうですなあ)

自分が弾くとしたら、こうだな、と思える、
また、これまで弾いてきた雰囲気に近い、
素直に入ってくる演奏だった。
さんざん弾いて、試験でも弾いて、
食傷気味のいくつかですら、
ふと背中を伸ばして聴き入るような。

バッハを聴くならシフとかグールドとか、
ピレシュとかバレンボイムとか、
選択肢はいろいろあったのだけれど、
そうか、キース・ジャレット、その手があったか。

ちょいと気分アゲ傾向である。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドギャラリーへ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2019/06/13 23:41】 | ピアノ
トラックバック(0) |