FC2ブログ
盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。
昨日と今日、それぞれ別のスーパーで、
それぞれ別のひととバッタリ出会った。

昨日は文章教室のFさん。
お店を出たところで、声をかけられた。
今日は月曜リーグのNさん。
お店に入ろうとしたところで見かけ、声をかけた。

いずれも、
「え、なんで、こんなところに?」
という反応でした。

別にいいじゃんね、どこのスーパーに行こうとさ。

さあ、明日は誰に出会うのでしょう。
二度あることは三度笠。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

一昨日と昨日、続けて練習会に参加して、
譜読み状態の曲を2曲弾いたわけです。
マジで練習するかどうか、まだ決めていなくてね。

でもね、今日、「ちゃんとした」楽譜を買ってきまして
(春秋社のが「ちゃんとした」カテゴリに入らないわけでもないけれど)
買ったからにはマジ練するぞと決心したわけです。
ただし、アンダンテ・スピアナートのみ。

 20150620222339740.jpg

ポロネーズが無理なのは、
誰の目にも明らかです。
ってか、自分が一番、無理って知っている。

もひとつ。
エチュードOp.10-10を練習していましたが、
当初の目的がほぼ達せられたと判断し、
一旦「寝かしつけ」ることにしました。
ミスを減らし、テンポを上げるのは、
いろんな曲を弾くうちに
「なにかがどうにかなって」(もちろんプラス方向に)
よし、イケるかもしれない、となったときに再挑戦。

新たなチャレンジは、これ。

 20150620222252646.jpg

家でチラリと譜読みをして、練習会で2回、
計3回弾いた感触としては、
「あわわわ・・・」というほどじゃない気がして。
で、ある程度のところまで、練習してみようかと。

ある程度がどの程度かっていうのは、
ひとにより、あるいは師事する先生により、
考え方がそれぞれなのだと思います。
私にとっての「ある程度」とは、
「その時点での、自分の納得」
これに尽きる。

誰かの評価によらない、と決めると、
弾くことはずいぶんと楽になります。
これは決して、低きに流れるということではなく、
「なんのために、誰のために、ピアノを弾くのか」
に対する答えの方向ってことで。

ショパン月間ってカンジだね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

風邪っぴきで、病院に行ってきました。
喉が痛くて、右側の耳下リンパが腫れている感じ。
微熱とダルさと食欲不振(!)

寝て治す~~~


ブログ村に参加しています
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2015/06/20 22:56】 | ピアノ
トラックバック(0) |